あすかでロケしてみませんか?


”歴史と豊かな自然が育む飛鳥の彩” 写真 上山好庸


古代のイメージ

 明日香村は明日香法という国の法律により、遺跡はもちろん、歴史的風土や自然環境が良好に保存されています。高松塚古墳や石舞台古墳などの有名な古墳や飛鳥時代の石の文化の遺物など、村内には古代を連想させるスポットが数多くあります。

飛鳥時代の衣裳

 一般社団法人 飛鳥観光協会 では、撮影のための衣装や小道具なども用意し、古代のイメージを再現するお手伝いをしています。

 

女性用

女帝 1着/貴族用 3着/女官用 3着

男性用

天皇 1着/貴族用 4着/舎人用 3着

日本の原点

 明日香村にはいわゆる「民俗」の分野に属する伝統行事が数多く残ります。昔から地元の人々が受け継いできた「風習」「しきたり」など、日本人の暮らしの原点を見ることができます。

 また、村内には築100年を超える古民家や日本家屋、懐かしさを感じさせる街並みなども点在します。


飛鳥の概要

飛鳥地方とは、一般的に奈良県高市郡明日香村周辺の地域を指します。

 飛鳥時代とは、推古天皇が豊浦宮に即位した6世紀の終わりから、元明天皇が和銅3年(710年)に奈良平城京に遷都するまでの約100年間を言います。飛鳥時代の前の古墳時代は王権をめぐっての激しい争いが絶えませんでした。特に、飛鳥時代直前に伝来した仏教をめぐる蘇我氏と物部氏とによる争いは激しいものでしたが、蘇我氏の勝利をもって、終わりを告げました。そして、聖徳太子の登場です。聖徳太子は推古天皇の摂政として政治の全てを委ねられていましたが、その政策は仏教を基調とした天皇中心の統一国家を樹立することにありました。太子の没後、政治の実権はまたもや蘇我氏に戻りましたが、中大兄皇子(後の天智天皇)によって乙巳の変が為され、蘇我氏本宗家は滅亡します。この後、皇位継承をめぐる争い壬申の乱を経て、天武天皇が飛鳥浄御原宮で即位します。

 

 飛鳥時代は日本の文化の基礎が花開いた時代です。現在、飛鳥文化を伝えるものはほとんど残っていませんが、山田寺回廊や飛鳥大仏などでその面影を探ることができます。また、「古事記」、「日本書記」の編纂の詔が出されたのも飛鳥時代ですし、万葉集にはこの頃の歌がたくさん詠まれています。


年間行事

成人の日:稲渕「綱掛け祭り(男綱)」

  1月11日:稲森「綱掛け祭り(女綱)」

  2月第一日曜日:飛鳥坐神社「おんだ祭り」

  2月初午の日:岡寺初午祭「厄除護摩供大般若法要」

  3月初午の日:岡寺初午大祭「厄除護摩供大般若法要」

  4月上旬:石舞台古墳夜桜ライトアップ

  4月  8日:飛鳥寺「花会式」

  4月第一日曜日:甘樫坐神社「明神深湯」

  8月15日:あすかぼんおどり大会

中秋 名月の日:万葉の明日香路に月を観る会

  9月中旬:彼岸花祭り・飛鳥光の回廊

10月上旬:橘寺「太子会式」

11月上旬:村内古墳墓慰霊法要(石舞台古墳)

11月下旬:農林商工祭


ロケ支援実績

これまでのロケーション実績のご紹介

2018年  2月21日: 関西テレビ「よーいドン!」

2017年11月30日: MOOK 台湾ガイドブック

2017年  9月29日:奈良テレビ「ならフライデー9」

2017年  8月  8日:三重テレビ「ええじゃないか」

2017年  7月13日:YouTube 動画制作会社

2017年  6月  2日:日台合作旅番組「勇闖日本秘境」

2017年  5月30日:マガジンハウス月刊誌

2017年  4月  8日:日本テレビ(NTV)番組「内村テラス」

2016年11月12日:日本遺産PRビデオ「日本国創成のとき~飛鳥を翔けた女性たち」劇団「時空」出演

2016年11月12日:BSジャパン「美の巨人たち」

2015年10月11日:BSフジ「発掘!歴史に秘めた恋物語」撮影協力・劇団「時空」出演

2015年10月11日:BS TBS「素晴らしい日本 鉄道の旅」撮影協力・劇団「時空」出演

2015年10月11日:eo光テレビ「原田伸郎のこの街ええなぁ」2014年9月

2013年  3月20日:これまでのフィルムコミッション的な活動(劇団「時空」) 

あすか劇団「時空」がこれまでに関わった実績のご紹介

2010年10月:NHK BS「新日本風土記」イメージカット出演、撮影補助

2010年10月:奈良テレビ、イメージカット出演、撮影補助

2010年  7月:奈良テレビDVD「卑弥呼」出演

2010年  3月:NHKドラマ「万葉ラブストーリー/棚田のマレビト」出演

2008年11月:NHK教育「知るを楽しむ」イメージカット出演

2006年  7月:NHKドラマ「万葉ラブストーリー」出演

2004年11月:NHKドラマ「華岡青州の妻」

2004年  3月:HNK古代史ドラマスペシャル「大化改新」エキストラ派遣


撮影等協力を依頼をされる場合の確認事項

 私どもでは、でき得る限りスムーズなロケーション撮影等の受け入れをさせていただきたいと考えておりますので、制作者の皆さまには、予め以下の確認事項についてご了承のうえ、ご利用いただきますようお願いいたします。

支援依頼登録申込の注意事項

1. 明日香村のイメージを損なうような撮影(取材)依頼、または確認事項に反する行為があった場合は、協力をお断りする場合がございます。

 

2. (一社)飛鳥観光協会及び各施設管理者等の協力者は、撮影等関連行為に起因して損害が生じた場合であっても、その責めは一切負いかねます。

 

3. 協力した映像作品にエンドクレジットがある場合、「一般社団法人 飛鳥観光協会」の名称を掲載するとともに、協力施設や団体等から希望があった場合も併せて掲載をお願いします。また、出版物の場合、キャプションの掲載にもご協力願います。

 

4. 撮影(取材)にあたっては施設管理者と十分に協議をして下さい。また、施設管理者からの指示は遵守をお願い致します。

 

5. 撮影等に関し、交通の遮断、騒音、夜間照明等により現場周辺の住民の生活に支障が発生する可能性がある場合は、事前に関係機関に協力依頼を行い、充分な事前協議の上、地域住民への説明及び合意をおとりいただくとともに、作業当日には現場責任者が立ち会いのうえ対応して下さい。特に、観衆整理が必要となる場合については、現場の状況に応じて警備員を配置するなどして対策を講じて下さい。

 

6. 撮影時(取材)時に際しては、事故・トラブル等が発生しないように十分注意して下さい。万一、事故・トラブル等が発生した場合は、適切な処置を講ずるとともに、速やかにご連絡下さい。 また、故意または過失に関わらず、第三者、施設、物品等に損害を与えた場合、賠償等の速やかな対応をして下さい。

 

7. 撮影等の終了後は清掃、原状回復をお願い致します。

 

8. 業者紹介を受けられた場合は、制作者側で発注または契約をお願い致します。なお、撮影(取材)等によって発生する諸費用等については、制作者側でご負担下さい。


ロケ等でのお問い合わせ

 

一般社団法人 飛鳥観光協会

TEL:0744-54-3240

FAX:0744-54-2362

E-Mail:info@asukakyo.jp